上腕の張り

薄手の服の季節になると、上腕を締めるのは気がかりだと思います。キャミソールやタンクトップから出てくるアッパーショルダーが弱いと、実際の重量より重く見えます。外側の筋肉が物を持ち上げたり引っ張ったりするために使用されるのは上腕であり、内側の筋肉は物を下げてあなたから遠ざけるために使用されます。物を下げたり押したりするときに使用する筋肉は、日常的に使用することはめったにない筋肉です。明らかに、脂肪はそれを使用しない筋肉に蓄積するようです。セルライトが蓄積し、皮膚に隆起を引き起こすことがあります。上腕を締めるのに必要なのは、内肋間筋を使ってエクササイズをすることだけです。ダンベルを使ったエクササイズ-上腕を締めるのに推奨される方法。手元にダンベルがない場合は、500mlのPETボトルに水を入れて使用してください。これは、締めたい側に手でダンベルを持ち、地面から垂直にダンベルを持ち上げる運動です。重要なのは、肘が動いていないことを知ることです。持ち上げるときは、上腕の筋肉が大幅に減少することを考慮する必要があります。筋肉を適切に動かすことで期待できるのは、次の懸垂効果です。ダンベルを使ってエクササイズをするときは、一度に約10回ゆっくりと上下させるのが良いでしょう。上腕を締めるのに役立つ他のエクササイズがあります。

上腕の張り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トップへ戻る
error: Content is protected !!