βグルカンは種類がどれくらい

パエンナキュットは効果なし
ベータグルカンは、ガンの予防とガンの成長抑制に効果があると言われている成分です。主にきのこに含まれ、人体の免疫力を高めることが期待されています。菌類は主にアガリクス、メシマコブ、ハナビラタケ、ハタケシメジ、霊芝アスタです。免疫機能が強く、外細菌だけでなくガン細胞にも対抗する成分として注目されています。ベータグルカンは薬ではなく、健康な人が摂取できるため、サプリメントとして使用されます。グルカンには、α型とβ型の2種類があり、ブドウ糖分子の結合方法によって決まります。素材が同じでも性質が違います。典型的なα型グルカンはでんぷんとトレハロースです。一方、β型グルカンにはいくつかの種類があります。その中で、β-(1→3)-D-グルカンタイプは、抗癌作用と免疫増強作用があります。現在、世界中でさまざまな研究が行われている成分であり、真菌から抽出することもできますが、ビール酵母やバクテリアの細胞壁からも抽出することができます。食品化学では、β-グルカンは食物繊維として扱われます。大麦米の大麦にはβ-グルカンが含まれています。その構造は1960年に解明され、β1,3Dグルカンと名付けられましたが、β-グルカンは1941年に米国で最初に確認され、20年前にさかのぼります。それ以来、1963年に癌細胞の縮小に効果があるという研究発表が行われ、β-グルカンに関するいくつかの研究が発表され、解明が進んでいます。

βグルカンは種類がどれくらい
トップへ戻る
error: Content is protected !!