不貞疑惑

篠原涼子(48)は、2020年東京オリンピックの開幕戦のどたばた喜劇に干渉する形で、俳優の市村正親(72)との離婚を発表した。同時に、篠原の不貞疑惑は「週刊文春」で追い抜かれた。彼は韓国の男性アイドルグループのいち員と不適切な関係を持っていたことが指摘された。

主要メディアは熊田曜子の疑いで沈黙を守っている

「また、篠原はクァンスが住んでいるアパートに住んでいることに気づいた。同じアパートの別の部屋に住んでいると、メディアが写真を撮るのが難しい。それは芸能人カップルの標準的な習慣だ。また、左足首にはおそろいのアンクレットをつけていた元夫の市村も、文春にこのアンクレットの存在を知らないと語った。

ある時、夕刊や女性誌はすべて篠原の不貞の疑いに続いていたが、テレビ番組やスポーツ新聞はすべて終わっていた。今回は不貞容疑で篠原は「完全無傷」のようだったが、時が経つにつれ逆風が吹き始めた。

「まず、市村は子の監護権を与えられなければならない。視聴者は彼が母親としての地位を放棄したと考えるべきだった。彼はまた、2倍年上の老夫である市村を去ったという印象を持っていた。したがって。私はこの事件に疑いを持っています。この時点で、恋愛に貪欲な女性の素顔が、母親や妻になる前に明らかになりました。私は同性からのサポートを得ることができません。CMすべてが疑惑になります。監護権を放棄することにおける不誠実さは、決定的な瞬間をいつでも捉えることができることは驚くべきことではありません。リスクを負うスポンサーは誰もいません。「人」

もちろん、本業の妨げになると言われています。

「将来的には、汚い妻や貪欲な女性キャラクターのような役割のオファーしか受けられません。シングルマザーで子育てが苦手な母親の役を篠原が演じるのは難しい」

しかし、篠原は「離婚の準備が整っている。とにかく、女性としても女優としても、誰も気を散らさずに人生を楽しむことが目的のようだ」と語った。 3年後のエンターテインメントの世界?こばしり。父親

不貞疑惑
トップへ戻る
error: Content is protected !!