解散が発表

17日には「回復期決死隊」の解散が発表され、ABEMAとYouTubeで特別版「回復期決死隊解散報告会」が放送された。

モデレーターには宮迫博之さんと蛍原徹さんが座り、東野幸治さん、出川哲朗さん、小林剣道さん、鹿野秀隆さん、そして「藤原」がゲストとして登場しました。

解散を防いだのは穂原さん。プログラムが放映される前に、私はそれを信頼できる情報としていくつかの関係者から聞いていました。では、保藤原さんがそう思った理由は何だったのでしょうか。

放送では、豊原氏が宮迫氏のYouTubeという言葉を解散のきっかけとして挙げた。

宮迫は2020年1月29日に最初の動画を自分のYouTubeチャンネルにアップロードしました。宮迫さんのような「ダークビジネス」問題で、7月19日に田村亮さんの「ロンドンブーツ1号と2号」からの帰国会議が開かれる前日でした。

放送では、豊原氏が宮迫氏のYouTubeチャンネル開設を知った事後報告だと語ったが、涼の復帰のタイミングとYouTubeチャンネルの開設のタイミングが重なって、涼氏を悩ませたようだ。それも。また、保藤原氏との事前協議はありませんでした。

宮迫さんにはそれぞれの事情があったと思いますが、それもあまり伝わっていませんでした。そんな中、当時の芸能人の間でこの2つの出来事が騒ぎを起こし、正直、宮迫さんの状況が変わってきているように感じました。ほとはらさんがこの番組にYouTubeを紹介する話をしていた時、不思議なところがありました。

当時、インタビューで聞いた宮迫さんの帰り道は、YouTube以外にもありました。それは「雨回復決死隊」の言い訳として穂原さんとのライブツアーでした。

当初、保藤原さんも前向きに考えていて、具体的な会話だと聞きましたが、結局ライブツアーは行われませんでした。一方、YouTubeは着実に成長しており、YouTuberの宮迫博之としての存在感も高まっています。

私の知る限り、宮迫を長い間知っている芸能人が宮迫について話すとき、言葉は2つにまとめられます。

それは「かっこいい」と「かっこいい」です。

宮迫さんの答えは、後輩や彼の近くの誰かから尋ねられたときは常に選択肢です。 「OK、やってみよう!」宮迫さんにとって、後輩からの問い合わせを拒否するのは「かっこいい」です。すぐに「OK」と答えてください。

もちろん夏も涼しいですが、客観的には「OK」「やめたほうがいい」「いいと言って流して」と書いてあります。

コンボで全国ツアーを計画していましたが、実はYouTubeの世界がとても好きでした。またはそれは傾いているように見えた。ほとはらさんが決心した時期があったと思います。考えられない。

また、その日の番組の最後に、藤本敏史は胸に涙を浮かべて「解決できないことではないか」と言った。確かに、デュオが店の名前を失うことは途方もなく大きいです。

パートナーは、兄弟、友人、配偶者、または単なるビジネスパートナーではありません。それは仲間の唯一の存在です。すべての芸能人は同じようにそれを言います。

そして、その組み合わせは、家、主な事業、幹、そして根です。あなたがそれを失うならば、あなたは根のない草になってしまうでしょう。

実家を失ったことによる心理的な孤独だけでなく、芸能人の不安定な職業での本業の喪失も本当にリスクが高い。

実際の活動がなくても、事務所を分離しても合併は解消されていません。そのような組み合わせはたくさんあります。 「TwoBeat」、「B&B」、「TKO」、「AsakusaKid」は分割されていません。

状況や状況は人それぞれですが、上記の「ルーツへの想い」では解決しないと思います。

穂原さんが組み合わせの名前を失うことの程度、悲しみ、そしてマイナスを理解していない理由はありません。

とにかくそれを選択してください。家に帰る必要がないので、実家を倒します。強い意志と決意がなければ、そのような選択肢を選ぶことはできません。

この解散をきっかけに、二人と仲良くなった芸能人に、「回復期決死隊」の由来を聞いてみました。

「デビューと同時にやっていたステージがあり、宮迫が主演していた。様々な葛藤の主人公は最後の夜のシーンで、雨の空を見たとき、心ははっきりと決断して一歩を踏み出しました。吉田朱里 高校

解散が発表
トップへ戻る
error: Content is protected !!